世界と一人のひねくれ者

同人音楽サークル「SECRET MESSENGER」のYuyのブログです。

2024春M3 空の向こうの君へ

最近、桜が満開なので久々に外に出たり春をなんとか感じようとしている今日この頃です。皆様お元気でしょうか。

さて、今回は2024春M3に頒布予定の「Love song from the World」についてお知らせです(3連続なのでそろそろ他の書き方を考えたい。)


第三弾MV「空の向こうの君へ」を公開しました!
MVも遂に後半戦に差し掛かりといったところで感慨深いのですが、この曲も思いが深いところが有るのでつらつら書いていきます。


この曲は今回のアルバムが出来た、文字通り物語の始まりの曲です。
曲を書くときは、スムーズにいくことは少なく、むしろ毎回悩むのですが、この曲は珍しくすっと降りてきて、今回はこれで書いてみなさい、と誰かに言われているような感覚が有りました。
聞き返してみると進行や拍子が複雑な感じになっているのですが、もともとプログレサークルというところもあり、そういったところに原点が有るのかもしれませんw


曲のテーマについて触れていくと、「空の向こうの君へ」では少年期を扱っています。詳しい内容はアルバムを手に取って聞いてみて欲しいのですが、既にピンとくる人はいるかもしれません。


「ほんとの空襲だったらよかったのに。みんな死んじゃえばよかったのに。負けちゃえばよかったのに。」


「人が創るすべての技術は、人を生かすか、人を殺すか、どちらかのためにのみ生み出されます。」



少年期の悩み、自身が何もできないことの無力感、女の子に対する憧れ、セカイが取り巻く様相がこの曲では描かれています。

物語の始まりに少年はどのような経験をし、その後に少年が最後、どのような道をたどるのか、是非アルバム通して聞いてみて頂ければと思います!


遂に、残すところMVが後1つとなってしまいました。
是非このまま、アルバムの世界にお付き合いいただければ幸いです。

それではまた。
コメント : 0
トラックバック : 0

コメント