世界と一人のひねくれ者

同人音楽サークル「SECRET MESSENGER」のYuyのブログです。

久しぶりにつらつらと自分の音楽のお話 pt1

こんばんは、もしかしたらこんにちは、皆様、Yuyです。

今日はちょっと久しぶりに自分の音楽を振り返ってみようと思ったので、同人音楽で自分がどんな感じでやってきたかとか、どういう考え方で捉えているかとか、その辺りの話を書いていきたいと思います。因みに結構長くなると思うので気が向いたときにパートごとに書いていく形です。(自分が東方アレンジで活動していた時代を知っている方ももしかしたら居るかもですが、今回はオリジナルの辺りのお話メイン。)

refrain
注意:クリックするとBoothに飛びます

自分がこういうのやりたい、と思ってある種純粋に叶えてしまったのが、自身のオリジナルアルバムの初期作「リフレインシンドローム」だと思われる。

※1 リフレインシンドロームはオリジナルとしては2作目。オリジナルの処女作として、その前に無料で配布したVocaloid Lilyのアルバムが有る。なお、リフレインシンドロームの題名は某アニメで過去に戻った幻覚を見ることができる薬に由来している。


今回は自分がどんなジャンルを意識して作ってきたか、というお話だが、そのとっかかりとして「リフレインシンドローム」の帯の言葉を振り返ってみると、こんなことが書いてあった。

「現在と未来の境界を曖昧にしたリフレインシンドローム。少女は歪なセカイの中で何を目指し、何を想い生きたのか、今その答えが現れる。 コトノハを紡ぐ歌声、激情的なリズム帯、無機質なエレクトーン、感情的なストリングスの旋律、セカイの音が渾然一体となり鳴り響く。慟哭とコトノハの想いが織りなす幻想エレクトロニカサウンドトラックアルバム。」

成程、ハイボールと日本酒とワインをチャンポンして電車のドアにぶちまけながら書きなぐったような光景が目に浮かんでくる。しかし、この意味不明さは最新作の帯の文言にも引き継がれていて、そう対して今と変わらないので、いつも意味不明と捉えて貰えれば良い。

で、この時に何を考えながらこの文章に至ったか、真面目に思い返してみると、一つ思い当たった。

その頃は、Square pusherを行きつけの床屋のお兄さんに永遠と流され、大学のサークルの友達からはAphex Twinを切々と布教され、そこからエレクトロニカに入信し、自ら沼の中へ引きずり込まれていった頃だったが、その系譜でMatryoshka や world’s end girlfriend にドはまりしていた。
そのハマっていたアルバムの中に(今でも探せば出てくる)、自分もこういう文章で書けばいい感じになるんじゃないか?と思った紹介文の文章が有り、その結果、何かが錬成されて生まれたものが上の文章だった。

そう、エレクトロニカがやりたかったのは間違いない。しかし、単にエレクトロニカというよりは女性のボーカルが入っている、ある種のアニソン的なものがやりたかった。


※2 world’s end girlfriend の farewell kingdom、ローゼンメイデンのED「光の螺旋律」、Eufoniusの「ナルキッソス」をことあるごとに聴いていた。男性ボーカルのアニソンが有ることは知っていたが、自身が女性ボーカルのアニソンしか聴いていなかった(但しデジモンのButter-flyを除く)

※3 エレクトロニカというとキラキラしたポップとかチップチューン的なものが良く見るようになった頃だと思うが、当時余り関心が無かった。改めて思い返すと、自分の場合、スーパーファミコンが一応現役世代だったこともあるのか、音自体にそこまで魅力的なものを感じず、むしろPS2とかPS3の音楽に「おー」と言っているような人間だったので、あの手のサウンドに対して余り興味が無かったのだと思う。ただ、坂本教授の「千のナイフ」とか久石譲の昔のサントラとかは良く聴いていた。

※4 アニソン好きだったのは、高校の時にガンダムWにドはまりし、その時にアニソンの様式が刷り込まれて以来JPOPよりもアニソンに惹かれるようになったのが大きい。後、中学辺りのときにガンダムSEEDとかが結構流行っていて御多分に漏れずハマっていた。なぜかコードギアスを観たのは大学を卒業して社会人になった辺りのタイミングで、リアルタイムで流れていた時は「1ギアス」とか言ってバカにしていた。今ではリアルタイムで観れば良かったと真面目に後悔している。


エレクトロニカ、というとAutechre や AOKI takamasa 、Rei Harakami を連想するという人も結構いるんじゃないかと思う。

成程、確かにあれは本当に未知の可能性を感じたし、実際に、今聞いてもとても良いしカッコいい。だけど、自分でやりたい曲は女性のボーカルの要素が欲しかった。


※5 女性が歌っている歌(特にアニソン)が好きというところが大きい。ただ、エレクトロニカで女性ボーカルとノイズ的なリズムを組み合わせたものはそこまで多くなく、world’s end girlfriendを聴いたときに衝撃はかなり大きかった。


そこでやっと本題になる。

処女作の「リフレインシンドローム」では、幻想エレクトロニカサウンドトラックアルバム、と銘打っているが、そこだけでなく、帯の文章のところである種の物語を暗示させる、アニメ的な世界観に基づいた作品を作ろう、としていた。


※6 同人の作品においてはJRPGの世界観、所謂ファンタジー的なものが多い印象が有るが、自分の作品のイメージは、SFに寄ったもの、例えば「スワロウテイル人工少女販売処(籘真千歳 )」「バレエ・メカニック(津原 泰水)」辺りをイメージしている。この辺りはスキマ産業的なところをやってみたいという発想が少なからず影響している。余談だが、ケルト風の音楽が好きだ、ということで実際に民族音楽のCDを渡したところ、リアクションが返ってこなくて寂しい思いをしたことがある。ケルト風=JRPG。


幻想エレクトロニカという言葉は特段何かを現わしている訳ではなく、ジャンルというよりはむしろ物語=作品の世界観、を形容するような意味合いで用いている、というのが正しい。

結局のところ、何をやろうとしているかといえば、エレクトロニカとアニソン(女性ボーカル)を組み合わせたような作品を作るということで、それが今の自分の作品にも引き継がれている、と。そういうこととなる。

10作品以上出しているがこの点は余り変わっていない。

以上が自分の作品でイメージしているジャンルについての話となる。

次は、アルバム、曲を作るときのジャンルの要素の捉え方について、機会があれば書いてみたい。

※6 1週間後かもしれないし1か月後かもしれない。はたまた1年後かもしれない、神のみぞ知る。
コメント : 0
トラックバック : 0

コメント